忍者ブログ

オススメ情報

CorelDRAW Graphics Suite 2019

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ 液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHD ブラック アマゾンオリジナルデータ特典付き DTK1660K1D

Painter 2020

Youtuberがよく使う撮影用ライト

ブログ内検索

ソフトウェア比較

各ソフトウェアを比較してみた情報はこちら
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

書籍・機材

VideoStudio入門ブック

VideoStudio Ultimate 2019

PowerDirector18

Sony AX60

Go Pro8

Go Pro MAX

SNAPTAIN ドローン カメラ付き

【プレゼン】PowerPointのスライドを記録して動画にしたり、画像を使って動画を作る方法【動画編集】

その他ソフト

 先生やビジネスマンなど「PowerPointで作ったものを、動画にして渡したい」ということが出てくると思います。その場合の方法をご紹介します。





画像をつかった動画を作る3つの方法

画像を扱った作品を作る場合、3つの方法が考えられます。

A:PowerPointを録画する
B:スライドショー作成ソフトを使う
C:動画編集ソフトを使う


ソフトイメージ説明
 (A) PowerPointで作った後、「スライドショーの記録」という機能でプレゼンテーション中のマーカーやスライド自体を記録、声を録音。最後に動画で保存します。
メリット:PowerPointさえあればとりあえずできる
デメリット:タイミングがずれていったり、うまくいかないことが多い
(B)スライドショー作成ソフトは「画像と音楽をつかって作品を作る」ものなので、今回はあまり適当ではありません。(声の録音もできないし、そんなリズミカルな作品を作るというのでもありません。
(C)画像・動画をつかって作品を作ります。作り方のパターンもいくつかあり、それぞれメリット・デメリットが違います。

メリット:タイムライン(時間軸)で編集できるので、言い間違いをカットできる。スライドを編集中に差し替えられる。音楽や効果音を好きなタイミングで入れられる。
デメリット:「クリックしたタイミングでスライドが変わる」という作り方はそのままだとできない(録画すればOK)」

画像を扱った映像作品を作りたいのなら、PowerPointで作るのはあまりオススメしません。そんな時は「動画編集ソフト」などを利用しましょう。そのほうが「間違えたところからしゃべりなおせる」「音楽のタイミングが細かく調整できる」「おかしなタイミングで動画が出来上がることが少ない」などメリットが多いです。

PowerPointで録画する方法

①[スライドショー]タブから[スライドショーの記録]をクリックします。

②記録を終えた後、[ファイル]→[エクスポート]→[ビデオの作成]と進みます。

動画編集ソフト

動画編集ソフトは、画像の長さを個別に 設定できたり、切り替えの効果でスライドの変更アニメーションも豊富です。映像をみながら、ナレーションを入れることもできますが「クリックしたタイミングでスライドが変わる」などができないため、作成手順はいくつか考えられます。

これができる代表的なソフトは以下の通りです。
・Corel VideoStudio(使いやすくて初心者向き)
・CyberLink PowerDirector (ちょっと難しめ)
など

パターン1
①画像をタイムラインに入れ、それぞれの長さを長めに設定しておく。
②みながらナレーションを入れる。
③波形編集モードでしゃべっているところを確認して、しゃべってないところはカットする
④画像の長さを調整する。
⑤書き出す

パターン2
①[画面録画機能]があるので、PowerPointでしゃべっているところとスライドを両方記録しておく。
②動画で出来上がるので、BGMを付けてみたり、前後の不要な部分をカットする。
③動画のファイルとして書き出す。



拍手

PR


  • 2020/05/22 12:13

コメント一覧

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

[PR]