忍者ブログ

勝手な情報局

動画編集、画像加工、イラスト関係のソフトウェアの話を中心に、全く関係のない話や愚痴まで適当に呟いてたり記事を書いています。

DVDに高画質で保存する方法【VideoStudio】

VideoStudio(ビデオスタジオ)で高画質DVDを作成する方法

ここでは、DVD Playerで再生できるDVDディスクを作ります。

・なるべく高画質で作成したい。
・再生時のエラーが起きないディスクを作りたい。
と感じている方はぜひ以下設定を行ってみてください。


【POINT】DVDはそもそも画質がそんなに良くない!
例えば、MPEG4のハイビジョンサイズで動画を作成しても、DVD Playerで再生できるのは、あくまで「MPEG2」形式であり、(下表の緑色のサイズ)「720×480ピクセル」のサイズに変換されてしまいます。これはどんなソフトを使っても変わりません。最後は小さくなるんです。

またプロジェクターにもよりますが、そこまで高解像度のファイルを表示する能力がそもそもない場合もあります。大抵はDVDでもきれいに見ることができます。(感想)

 



手順はケースバイケースで変わるとおもうのですが、ある程度オールマイティーな手順をご紹介します。

【STEP1】無圧縮のAVIを作成します。

①[完了]>[コンピュータ]>[AVI] をクリック。プロファイルで「DV(720×480,16:9,60i)」を選択します。その後「+」(カスタムプロファイルを作成)をクリックします。


②「プロファイル名」は、わかりやすい名前を設定しましょう。


③上部の[AVI]タブをクリック、圧縮を「なし」に設定します。


④[全般]タブをクリックして、フレームタイプを「フレームベース」にし、フレームサイズは標準から[1920×1080]を選択します。[OK]をクリックします。


⑤すると、[AVI]のプロファイルに、先ほど設定したものが表示されるようになりました。今後はこれを選べばよいです。[開始]をクリックしてファイルを作成します。(時間がかかるので放置します)

※開始をクリックする前に、プロジェクトの保存をオススメします。
※AVIファイルはかなり巨大なファイルになります。空き容量を十分に用意しましょう。用意できない、また出力したときに画像がずれるなどがあれば、MPEG2のハイビジョンで出力してみることをオススメします。設定は最後の方に追記します。

【STEP2】DVD用のMPEG2に変換します。

①[ファイル]>[新規プロジェクト]をクリックします。プロジェクトを保存してなかったときは上書き保存しましょう。


②先ほど作成したAVIファイルをタイムラインに載せます。


③[完了]タブをクリックし、今度は[MPEG2]をクリックします。プロファイルでは[MPEG-2(720×480,16:9,30p,8Mbps)を選択します。これも「+」(カスタムプロファイルを作成)をクリックします。


②「プロファイル名」に、わかりやすい名前を設定しましょう。


③上部の[全般]タブをクリック、フレームタイプを「フレームベース」に設定します。


④「オーディオ設定」でビットレートを192または256に設定。
その後、「2-pass エンコード」にチェックを入れ、ビデオデータレートを「9800」に変更し、速度<>品質の数値を100にし、OKをクリック。


⑤[開始]をクリックして変換を行います。

【STEP3】DVD用のイメージファイルを作成します。

①[ファイル]>[新規プロジェクト]をクリックします。


②[完了]>[ディスク]>[DVD]をクリックします。


③オーサリング機能(MovieWriterエンジン)が立ち上がるので、先ほど作成したMPEG2のデータを、画像の様に、画面下部にドラッグ&ドロップします。


④もしメニュー画面がいらなければ、[メニューを作成]のチェックを外します(画像の赤枠)。
[プロジェクトの設定](画像の緑枠)を開き、[MPEG設定に準拠したクリップは再エンコードしない]にチェックが入っていることを確認し、[OK]をクリックします。

【POINT1】気になるようなら、フィールドタイプをここでも「フィールドなし」にしておくとよいでしょう。

【POINT2】「一回再生したら、止まってほしいんだけど!」という人は、「ナビゲーションコントロール」で「再生が終了したら自動的に繰り返す」のチェックを外すとよいでしょう。

⑤ウィンドウ右下にある[次へ]をクリックします。プレビュー画面も[次へ]をクリックします。


⑥DVDの作成画面です。「ディスクラベル」(A)に日付や名前など、DVDドライブに入れたときに表示されるタイトルを設定します。「ディスクへの書き込み」(B)のチェックをはずし,
矢印(C)クリックして詳細を表示し、「ハードディスクへのイメージファイルの作成(D)をクリックしてチェックを入れて「書き込み」をクリックします。

【STEP4】実際にDVDを作成します。

①ファイルが完成したら、ウィンドウを閉じ、VideoStudioの画面で[ツール]>[イメージファイルから書き込む]をクリックします。


②「ソースイメージファイル」のフォルダマークをクリックし、isoという拡張子のファイルを選択します。そのまま[コピー開始]をクリックして作成してもよいですし、そのアイコンの右側にある矢印をクリックしてコピー枚数や速度を指定することもできます。

【トラブル対処1】AVIの保存時問題が起きた

「AVIに保存しようとしたが空き容量が足りなかった。」「書き出せたが、オーバーレイや文字などがずれてしまった。」という時は、少し画質が落ちますが、MPEG2で保存しましょう。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
①完了>MPEG2>プロファイルで「MPEG2(1920×1080,30P,25MBps)」を選択。
②隣の+ボタン「カスタムプロファイルを作成」をクリック。
③プロファイル名は自由にわかりやすいものに。
④「圧縮」タブで「品質」を100に。2-Passエンコードにチェック、ビデオデータレートを60000を入力。>OKをクリック。
⑤変換。
⑥新規プロジェクトを作成、完了>ディスク>DVD
⑦先ほど出力したファイルを読み込む。
⑧方法1の手順を踏んで作成する。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【トラブル対処2】相性などでうまくライティングができない

そんな時は、VideoStudioについている別のオーサリングソフト「MyDVD」を試してみましょう。

【POINT】MyDVDは細かい設定ができない、本当に初心者向けのオーサリングソフトです。メニュー画面のないDVDは作成できません。

①Windowsボタンをクリックして、Corel VideoStuioの個所を確認すると「VideoStudio MyDVD」が入っています。


②新規プロジェクトの「DVD」を選択します。


③プロジェクトの名前を設定してOKをクリックします。


④好きなテーマを選択し、「ムービーをここにドラッグ」という箇所に動画をドラッグ&ドロップし、画面右下の赤いマークをクリックします。


⑤詳細モードでは、チャプター設定などが可能です。






拍手

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

きれいなDVD

きれいなDVDを作成する方法で、
4.品質にスライダーを動かす、がどうするのかわかりません。
教えていただけないでしょうか。
Corelの電話での相談がなくなってしまい、分からないことだらけなのです。

Re:きれいなDVD

遅くなり申し訳ございません。VideoStudioのバージョンにもよってしまうのですが、設定の画面まではたどり着けていますか?
4.品質にスライダーを動かす。 というのは、もう少し丁寧に説明をかえると「速度、品質のスライダーがあり、真ん中に設定されているものを右に動かして品質100にする、という意味で記載しました。
ご参考になれば幸いです。

  • 管理人
  • 2016/11/23(Wed.)

無題

画質あげるとプレイヤーで再生できないです^_^;
なんでですか?

可能性ですが

可能性としては
・AVCHDのDVDを作ってしまった→DVDプレイヤーでは再生できません。
・MPEG2、MPEG4、WMVなどのハイビジョンで書きだしてしまった→最終的にはMPEG2の720×480の縦横サイズで、映像ビットレートが9800kbpsがDVDとしての限界です。それ以上にしてもDVDとして認識されません。
・ちゃんと設定を守ってやってるのに再生ができない→最後、オーサリングの場面でisoファイルを作成し、ツールからイメージファイルからの作成(正式な名称などは、当記事を参考に)をしてみてください。それをせずそのままDVDを作成するよりも、プレイヤーで、再生する可能性がグンと高くなります。

  • 管理人
  • 2017/08/15(Tue.)

MPEG2で保存

初めまして。

VideoStudioX7で30分弱に編集した動画です。
AVIで保存が出来ないので「対処1」のやり方でMPEG2で保存しました。
しかし、保存先では30分の動画なのに、プロジェクト編集では4分ぐらいで切れてる動画になってしまいます。
仕方ないので、MPEG4で保存してMovieWriterでオーサリングする時に、速度やフレームなどの設定を変えてイメージファイルに書き込んでいます。
このやり方では大してキレイなDVDにはなりませんか?

何年も我流で編集してますが素人ですので、DVDがキレイに仕上がらずいつも悩んでます。

取り込み時の問題でしょうか

初めまして。整理しますと、『①編集が終わり、MPEG2で出力すると一応完成はするが、念のためタイムラインに配置してみると4分程度しか認識してくれていない』『②MPEG4でいったん保存してから設定をDVD用に設定してMovieWriterエンジンでライティングしてみている』という事ですよね。

まず①に関しては、あまり私も遭遇したことがないので何ともですが、パソコンのスペックは低いという事はないでしょうか。先日更新した内容だと、ビットレートはかなり高いものを入力しているので(なるべく高画質を求めたため)(A)少しビットレートを下げてみる。(B)環境設定>ハードウェアアクセラレーター の項目のチェックをすべて外す、またはすべてつけてみる で動作が変わるかもしれません。ハードウェアアクセラレータを使うと、単純にレンダリングエンジンが変わるため、結果も多少なり変化があるそうです。(画質に左右というよりはスピードの問題なので、結果うまくいかない場合に違う方を試すのは有効かと。またハードウェアアクセラレータをONにしている場合は、ドライバーの更新を。またQuickTimeなどの更新をするとよいでしょう。

②については、記事の通りにやっても画質が良くならない、という場合は、今までのセオリーである(なるべく変換の工程を減らす)という意味で、直接DVD用のMPEG2を作成してしまうのが良いかもしれません。

今では結構多くの方に知っていただけていますが、画質の良い・悪いという点で最初につまずく「フレームベースにしていなかった」「ビットレートが低かった」「2-Passを設定していなかった」という事の延長線上の話なので、そこさえ踏まえていればそこそこ悪いものはできない気がするのですが、いろんな作品のケースがあるので私もまた実験してかなければと感じています。ぜひ体験を教えてください。

  • 管理人
  • 2017/10/01(Sun.)

質問です

教えて下さい。
流れとしてはAVI(無圧縮)→MPEG-2(DVD作成用に)→ISOファイル作成→ISOファイルから動画作成という手順だと思うのですが、
MPEG-2ファイルからDVDをそのまま焼くよりも上記の方法をとったほうがきれいという認識でいいのでしょうか?

Re:質問です

こんにちは
本来なら、直接目的のファイル形式(MPEG2 DVD)に変換ができた方が、変換工程をなるべく減らし、コーデックでの圧縮の回数を減らすことにもなり、画質の劣化を抑えることにつながると思っています。以前はこのブログや、各所でもそのように伝えてきて浸透していたところがあります。

ただ、私が経験した中で、オーバーレイに画像を多用した作品をDVDにした際、直接DVD-Video (MPEG2)を作成するよりも大きめに出力してからDVDサイズにした方が、画質が良好だった為このような記述になりました。その際には1番高画質(AVI)に出してからの変換が良いのではないかと思います。

AVCHDの映像などを、ビデオを編集してDVDを作成する場合、わざわざAVIにしなくても良いと思います。別のソフトでレンダリングしたいというなら、文字などを乗せて全体を加工している場合はAVIの方が良いのではないでしょうか。カット編集が主ならスマートレンダリングを行うのが良いと思われます。

ケースバイケースなので、実際にいくつか試してみて、それらにあった変換方法をご利用いただければいいのではないでしょうか。

また、イメージファイルを作成してからライティングした方が、DVDプレイヤーで再生できる可能性がぐんと上がります。トラブルシューティング的に行っても良いですよ。

  • 管理人
  • 2017/10/30(Mon.)

⑧方法1の手順を踏んで作成する。について

まずは、このページでの情報本当にありがとうございます。感謝です。

AVIでの容量が多すぎてMPEG2で変換しています。

以下のとおりにする最、出来上がったMPEG2をさらにSTEP2のDVD用のMPEG2に変換しなければいけない事なのでしょうか?

以下の説明で⑧についての質問です。
【トラブル対処1】AVIの保存時問題が起きた
「AVIに保存しようとしたが空き容量が足りなかった。」「書き出せたが、オーバーレイや文字などがずれてしまった。」という時は、少し画質が落ちますが、MPEG2で保存しましょう。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
①完了>MPEG2>プロファイルで「MPEG2(1920×1080,30P,25MBps)」を選択。
②隣の+ボタン「カスタムプロファイルを作成」をクリック。
③プロファイル名は自由にわかりやすいものに。
④「圧縮」タブで「品質」を100に。2-Passエンコードにチェック、ビデオデータレートを60000を入力。>OKをクリック。
⑤変換。
⑥新規プロジェクトを作成、完了>ディスク>DVD
⑦先ほど出力したファイルを読み込む。
⑧方法1の手順を踏んで作成する。

サイズアップダウンと、AVIにうまく変換できなかった場合

①なるべく記述を減らすためこのような記事になっていますが、他の方へのコメントでも書いた気がしますが「変換の回数はなるべく減らしたほうが良い」と思われますので、普段は無理やり大きなサイズに出力せず、直接DVD用のMPEG2に出力してもいいとおもいます。(フレームタイプやビットレートなどの設定は記事を参照して、iso経由はしたほうがいいとおもいます)

ただ、画像をオーバーレイに多用した作品などの場合は、動画として一度完成させた後にDVD用MPEG2にサイズダウンさせたほうが見た目キレイになったので、「試しにやって見て、見比べて綺麗なら良かったね」という具合にみてください。

②AVIが画質的には一番劣化の少ない形式なので、中間ファイルとしてはベターですが、サイズの問題や変換時間の問題などで好ましくないという場合もあります。

極論、まずは変換できればいい、となるとなるべく圧縮率の低いものが良いのでは→MPEG2のほうが、MPEG4より圧縮率が低い為ノイズが出にくい という考えのもとでMPEG2のハイビジョンと記載しています。(MOVもWMVも、MPEG4系統です)
エンコーダーにお詳しい方からのご指摘等あれば訂正をしますが、、、

  • 管理人
  • 2017/11/06(Mon.)

Re:サイズアップダウンと、AVIにうまく変換できなかった場合

本当にこのサイトの存在に感謝感激です!

MPEG2(1920×1080,30P,25MBps)変換すると、m2tのファイルになるわけですね。

それはさておき、

>動画として一度完成させた後にDVD用MPEG2に>サイズダウンさせたほうが見た目キレイになったので、「試しにやって見て、見比べて綺麗>なら良かったね」という具合にみてください>。

どちらもためしてみます。
AVIも外付け対応ですがチャレンジしてみます。

本当にありがとうございます。

オーディオ設定のオーディオビットレート

ご担当者さま

このページのおかげでどれだけ助かったかわかりません。

以下の④のビデオデータレートを60000を入力。
その時のオーディオ設定のオーディオビットレートは192か256でよろしいでしょうか?

以下は【トラブル対処1】のコピーです。

【トラブル対処1】AVIの保存時問題が起きた
「AVIに保存しようとしたが空き容量が足りなかった。」「書き出せたが、オーバーレイや文字などがずれてしまった。」という時は、少し画質が落ちますが、MPEG2で保存しましょう。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
①完了>MPEG2>プロファイルで「MPEG2(1920×1080,30P,25MBps)」を選択。
②隣の+ボタン「カスタムプロファイルを作成」をクリック。
③プロファイル名は自由にわかりやすいものに。
④「圧縮」タブで「品質」を100に。2-Passエンコードにチェック、ビデオデータレートを60000を入力。>OKをクリック。
⑤変換。
⑥新規プロジェクトを作成、完了>ディスク>DVD
⑦先ほど出力したファイルを読み込む。
⑧方法1の手順を踏んで作成する。

Re:オーディオ設定のオーディオビットレート

コメントありがとうございます。
オーディオビットレートは、さほど気にして記事を作成しておりませんでした。例えば映像が5.1チャンネル、2チャンネルの設定を合わせた上で、納得の行く音質であればどちらでも良いと思います。

DVDは「映像+音声」の合計ビットレートの上限が決まっています。あまり音質を高くすると映像で使えるビットレートがちょっと低くなってしまうので、画質重視であれば少し音質を下げる、さほど画質が気にならないようであれば音質を高めにする、など調整をしてあげると良いです。

中間ファイルとしての出力時なら、ビットレートはなるべく高いほうが良いと思います。

  • 管理人
  • 2018/05/03(Thu.)

Re:オーディオ設定のオーディオビットレート

管理者さま

誠にご回答ありがとうございます!!

>DVDは「映像+音声」の合計ビットレートの上>限が決まっています。あまり音質を高くする
>と映像で使えるビットレートがちょっと低く
>なってしまうので、画質重視であれば少し音
>質を下げる、さほど画質が気にならないよう
>であれば音質を高めにする、など調整をして
>あげると良いです。

なるほど、オーディオデータレート: 384 Kbps
まで上げて中間素材mpeg2を作っていましたが、確かに画質が心持ち落ちたかもと感じていた原因がわかりました。
画質重視ですので192 Kbpsでやってみます。

追伸
またまたこのサイトで救われました!

④のビデオデータレートを60000の入力もどのサイトにもありませんが、これも綺麗に仕上がる秘訣なんですね!わけもわからずこのとおりでやってとても綺麗にDVDが出来上がります!!!

avchd dvd 変換


できましたー♪
何度やってもできなくて
諦めかけておりました。

ありがとうございます!!

4:3の動画

4:3のサイズで作りたいのですが、上の手順でどこか変更して行うべきですか?

Re:4:3の動画

>4:3のサイズで作りたいのですが、上の手順でどこか変更して行うべきですか?
4:3のDVDを作成する場合は、①制作前にプロジェクトの設定でを選択しておく。②動画ファイル保存時は「AVI」→「DV4:3」で保存後、MPEG2の4:3で保存するなどのながれになります。最近4:3で作ることが減ったので記憶が違っていたら申し訳ございませんが、まずは試してみてください。

  • 管理人
  • 2019/02/14(Thu.)

ブルーレイディスクへの書き込み方法

管理者様

DVDへの高画質保存の仕方が非常に参考になりました。
現在、video studioで編集をしていますがどうしてもブルーレイディスクへの書き込みが出来ません。
DVDとブルーレイでは形式が違うので、MP2で保存をしたイメージファイルではダメだということでしょうか?
ブルーレイに書き込む際のイメージファイルの保存方法をご教示いただければ助かります。

Re:ブルーレイディスクへの書き込み方法

こんにちは。ハイビジョンサイズで良いなら基本的にH.264またはMPEG2で1920×1080(60i)などを選択すれば良いと思いますが、わからない場合は「MyDVD」と書かれているプリセットが別途同梱されているオーサリングソフトでも読み込める形式になっているものです。

うまくいかないというのは、手順として「何をしようとしても、次に進まない」などがわかればまた違ったアドバイスになるかもしれません。

  • 管理人
  • 2019/02/14(Thu.)

ブルーレイディスクへの書き込み方法

管理者様

DVDへの高画質保存の仕方が非常に参考になりました。
現在、video studioで編集をしていますがどうしてもブルーレイディスクへの書き込みが出来ません。
DVDとブルーレイでは形式が違うので、MP2で保存をしたイメージファイルではダメだということでしょうか?
ブルーレイに書き込む際のイメージファイルの保存方法をご教示いただければ助かります。

比較してみたシリーズ

各ソフトウェアを比較してみた情報はこちら
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

ブログ内検索

オススメです