忍者ブログ

オススメ情報

CorelDRAW Graphics Suite 2019

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ 液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHD ブラック アマゾンオリジナルデータ特典付き DTK1660K1D

Painter 2020

Youtuberがよく使う撮影用ライト

ブログ内検索

ソフトウェア比較

各ソフトウェアを比較してみた情報はこちら
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

書籍・機材

VideoStudio入門ブック

VideoStudio Ultimate 2019

PowerDirector18

Sony AX60

Go Pro8

Go Pro MAX

SNAPTAIN ドローン カメラ付き

VideoStudioで音声波形(サウンドミキサー)を表示する方法と、左右にパンする方法

動画編集ソフト

Corel VideoStudioで動画や音声の波形を確認しながらカットしたい、タイミングを合わせる場合はまず波形を表示できる「サウンドミキサー」を使いましょう。


サウンドミキサーをオンにする方法

①タイムラインの上にある、サウンドミキサーをクリックします。

(全体図)

②波形が表示されました。カッティングは映像と同じで1フレーム単位で行うことができます。
 

(全体図)

音を左右に動かして臨場感を出す方法

①サウンドミキサーをオンにすると、画面の右上(オプションパネル)に「サラウンドサウンドミキサー」が表示されます。まずは音を左右に振りたいトラックを選択します。


②スタートボタンをクリックします。


③サウンドマップを左右に動かします。映像が5.1chの場合はより自由に動かすことが可能です。

テキストのタイミングなどを音に合わせたい場合

サウンドミキサーをオンにすると、テキストなど音を持っていないものが表示されなくなってしまいます。そういう時は、チャプターポイントをつけておくと、サウンドミキサーをオフにしてもタイミングを合わせやすくなります。
 

拍手

PR


  • 2020/04/27 06:51

コメント一覧

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

[PR]