忍者ブログ

オススメ情報

CorelDRAW Graphics Suite 2019

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ 液晶ペンタブレット Wacom Cintiq 16 FHD ブラック アマゾンオリジナルデータ特典付き DTK1660K1D

Painter 2020

Youtuberがよく使う撮影用ライト

縦型に撮影した動画を、縦型の動画として編集したい場合(VideoStudio編)

動画編集ソフト

スマートフォンで撮影した動画ファイルなどは縦型の動画として記録されることがほとんどです。
そのような動画を普通に編集するには特にバージョンを気にせず読み込めばよいですが「縦型の動画として編集して、縦型の動画として出力したい」場合は、プロジェクトファイルをあらかじめ縦型に変更する必要があります。


例えば、有名な動画編集ソフト「Corel VideoStudio」は、バージョンX10.5以降そのような機能が追加されました。
http://blog.livedoor.jp/crosscolors/archives/51938491.html
設定方法は大きく二通り存在します。

【方法1:動画に合わせる】

新規プロジェクトのタイムラインに動画を載せる際、自動的に[プロジェクト設定を変更しますか?]と出てくるので、[はい(Y)]を押すと縦型の動画のプロジェクトファイルになります。

はいを押す
 
縦のプロジェクトになった

【方法2:手動で変更する】

①まず[設定]>[プロジェクトのプロパティ]をクリック。


②[プロジェクトの形式]で[携帯電話]を選択し、縦型のプロジェクト(例えばMPEG-4AVC(1080x1920,30p,5Mbps)を選択してOKをクリックします。

サイズは(横x高さ)で表記されています。1080x1920だと縦長ということになります。

【書き出しの時の設定】

※Youtubeなどに出す場合、一度動画ファイルとして保存してからブラウザでアップロードした方が良いでしょう。
①書き出しの際は、[プロジェクト設定に合わせる]を選択するか、簡単なカット編集だけであれば[最初のビデオクリップに合わせる]を行うと出力が楽に行うことができます。
 
②また、MPEG-4でも(1080x1920などの)縦型サイズが選択できます。サイズを選択してから、ビットレートなどの調整を行うことも可能です。

 

拍手

PR


  • 2020/02/07 02:08

コメント一覧

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

[PR]